top of page

仲間とそのアイデアで勝負する会社

出展企業のご紹介 最終回

毎日、SNSでは出展企業のご紹介をしています

ブログは、まとめてご紹介します

今回が最終回です


KIDS AMI さん

横浜・名古屋A・北九州・神戸・広島・新潟・東京・静岡・大阪・仙台・福岡・千葉会場

の12会場に出展してくださいます

75年間ランドセルを作り続けているナース鞄工のブランド KIDSAMI

百貨店はもちろん、実は皆さんに人気のランドセル屋さんのランドセルも作っています

過去には、文部大臣賞・通商産業大臣賞・グッドデザイン賞も受賞

百貨店やランドセル屋さんにランドセルを作る製造事業や

メーカーが直接お客様に説明・販売をする事業など(DtoC)

活躍の場所を広げておられます


DtoCにより、お客様の声がどんどん届くようになり

益々、素晴らしいランドセルが産まれています

コンバースのランドセルも


もっと知りたい方は




羅羅屋 さん (ララちゃんランドセル) えひめ会場を除く

全ての会場に出展してくださいます

●教科書やタブレットなどランドセルに入れる荷物が大きくなり重くなり

●それに対応してランドセルは大きくしないといけない

●でも、お子さんの体のためには1グラムでも軽くしたり負担を少なくしたい!と

ランドセルメーカーたちは血の滲むような努力をしています

羅羅屋さんは、ランドセルのベルトで解決しようと取り組んでおられます

それが【マジかるベルト】です

低学年の体のことを考えたベルトと、中〜高学年向けのベルトがあり、

なんと!ご家庭で取り換えができます


機能だけではなく

デザインが可愛いララちゃんランドセル

今年の新作も楽しみです


もっと知りたい方は




ノムラランドセル さん

全ての会場に出展してくださいます

『ランドセルは早く買わないと無くなりますよ』と煽ったり

年々、売出し開始を早めている会社とは違い

3月でも来月、4月入学のお子さんのためにお店を開ける素晴らしい会社


6年間の使用を考え、ランドセルのデザインはシンプル


取り外しができるカスタムアイテムをつけ

僕だけの私だけのカッコいい・可愛いランドセルになります

恐竜・新幹線・お花のカスタムなど

もっと知りたい方は




京都ランドセル工房 さん

全ての会場に出展してくださいます

京都や和をイメージしたランドセルが多く

『私、京都出身なんです』とか『昔、京都の学校に通ってたんです』など

会話がよく盛り上がっています


お姉さんSTAFFが多く

お子さんの好きな色やデザインを理解して

『じゃあ、これとこれならどっちが好き?』という接客が素晴らしいと思います


お姉さんSTAFFから

『すごく似合ってるよ』と言われた時のお子さんの嬉しそうな顔も

展示会での微笑ましい光景です


もっと知りたい方は




樋口鞄工房 さん

全ての会場に出展してくださいます

毎年言っていますがうっとりしてしまうフォルム

もはや工芸品です

特にモノの良さが分かるおじいちゃんおばあちゃんが足を止め『これ、すごいわね』ってシーンをよく見かけます

職人さんだから口が上手くないのか?

ブランドから口止めされているのか?知りませんが

あの世界的sportsブランドのランドセルを作っている会社です


機能面でも

背中とランドセルが当たる部分や肩ベルトの開発など常にお子様の体への負担軽減に取り組んでいます


もっと知りたい方は




ふわりぃランドセル さん

全ての会場に出展してくださいます

今さら紹介するまでもないですね

誰もが知っているランドセル業界のトップランカー


60年以上もランドセルを作り続けているメーカーだけに

体のフィット感のためのチェストベルトや

大容量・720°全方向反射などお子様の体に優しい機能がいっぱい


パパ・ママ・おじいちゃん・おばあちゃんの財布にも優しい超早割

7/31まで15%引きのお値段です


会場内で困っている他のランドセル会社を、チーム全員で助けたり

コロナ禍の3年間、合同ランドセル展示会を開催できるようフォローしてくださいました

困っている人に、すっと手を差し伸べる素晴らしい会社です

ランドセル探しをするご家族のためを突き詰めると、やることはたくさんあります

今後も、一緒に取り組んで頂ければ嬉しいです


もっと知りたい方は

3回に分けましたが、出展企業19社のご紹介を終わります

次は何のブログを書こうかな?

まだ決めてません笑


ではでは

bottom of page